W3 Total Cache 設定ガイド

WordPressのWebサイトを少しでも速く表示させることに関心がある方なら 一度は ページキャッシュ系のプラグイン を試したことがあるでしょう。

簡単な設定だけですぐに使える WP Fastest Cache や WP-Optimize なども素晴らしいプラグインですが、機能的に物足りないと感じているなら W3 Total Cache (ダブル・スリー・トータルキャッシュ=W3TC)は検討する価値があります。

W3TCは WordPress側で操作可能な速度対策を ほぼ完全に網羅している多機能な無料のプラグインで、自身のWebサイトに合わせて適切に設定すれば飛躍的にパフォーマンスを向上させることができます。

このガイドでは 共用レンタルサーバーを利用している非技術者の方が W3 Total Cache の使い方と 設定 方法をマスターできるように、ほぼ全ての機能・オプションの用途について できるだけ専門用語を使わず 丁寧に解説します。

初心者の方はまず基本の設定で動作を確認した後、各ページを参考に ご自身のWebサイトでオプションを選択するべきかをじっくり検討しながらチューニングに挑戦してみてください。

事前準備

Webサイトのバックアップ

W3TC は WordPressそのものの動作に関わる設定を調整するので、万が一の際にWebサイトを復元できるように 必ずバックアップを取っておきましょう。

WordPressサイトのバックアップと復元方法については このガイドの対象外です。

プラグインのインストール

プラグインのインストールについては特に解説は不要だと思いますが 必要に応じて以下のページをご覧ください。

インストールとアンインストール

基本操作を理解する

メニューやボタンの操作、安全に設定するためのプレビューモードや設定のエクスポート・インポートなど、基本的な操作方法をチェックしておきましょう。

W3TCの基本操作

基本操作の記事にプラグインの日本語訳を無効化する方法を追加しました。このガイドも英語表示を前提にして書かれています。

基本の設定

事前の準備が整ったら 基本となる設定をして動作を確認しましょう。 いきなり細かい調整をするのではなく、まずはページキャッシュとブラウザキャッシュの2ヶ所を有効にするところから始めます。

ページキャッシュを有効にする

General Settings メニューの Page Cache セクションで ページキャッシュを有効にします。

Page Cache セクション
ブラウザキャッシュ機能を使うかどうかを決める

初期値では General Settings メニューのブラウザキャッシュが有効になっています。 お使いの共用レンタルサーバー側でブラウザキャッシュ機能が有効になっている場合は どちらかを OFF にしてください

ブラウザキャッシュセクション

Google PageSpeed Insights 対策をするなら 柔軟な調整ができるW3TCのブラウザキャッシュ機能の利用をお勧めします。

動作を確認する

基本の設定ができたら ブラウザのシークレットモードを使ってサイトを表示し、動作に不具合が無いかチェックしましょう。

ページのソースコードを表示して 最下部のコメント部分でキャッシュされたページかどうかを確認することもできます。

自分のサイトに合わせて W3 Total Cache の 設定 をチューニングする

動作確認ができたら 各チュートリアルを読み進めて ご自身のサイトに必要な機能を有効化して設定していきましょう。 ここでは読み進めやすいように 便宜 「基本編」 「発展編」 「拡張機能編」 「その他」 の4つに分けて紹介します。

進め方は自由ですが「基本編」のページキャッシュの詳細設定から始めると良いと思います。 その後は General Settings メニューの解説を見ながら 必要な機能をチェックしていってください。

基本編

基本編には W3TC で使用する機能の中で誰もが必ず使う全般設定に関する画面と 一般におすすめされている定番の機能を有効にした際に役に立つ設定メニューの解説をピックアップしました。

  • General Settings|一般設定
    W3 Total Cache の核となる設定画面でここからほぼ全ての機能を制御します。各種機能の仕組みについても知ることができます。

  • ページキャッシュの詳細設定
    キャッシュ対象にするページの種類や条件の設定、キャッシュの事前生成、キャッシュの削除条件などを設定します。

  • ブラウザキャッシュの詳細設定
    CSS、JS、画像、HTMLページなどの静的なリソースをブラウザにキャッシュさせコンテンツの鮮度と表示パフォーマンスを調整します。

  • 画像の遅延読み込み(Lazy Load)
    スクロールしないと見えない位置にある画像ファイルを読み込みを遅らせて、低速回線時の体感速度を向上させます。

発展編

発展編は Webサイトのさらなる高速化や 訪問者の条件に応じた追加のキャッシュファイルを作りたい方向けの内容となっています。

拡張機能編

拡張機能編は 特定のサービスまたはプラグインなどを使用している場合に W3TC の機能と連携させたり互換性を持たせるための設定が必要な方向けの内容です。

その他

ここでは 共用レンタルサーバーを利用されている方が基本的に使用しない機能、通常の運用において必要のない機能などについて解説しています。