プラグインの翻訳を無効化する

Toolsetは概ね日本語訳されたプラグインですが、操作画面等の日本語訳が気に入らない場合は英語表示にして使うこともできます。

ここで紹介するハックはプラグインの設定や操作画面(バックエンド)の表示言語を日本語から英語に戻すだけなので、閲覧者が見るフロントエンド側の表示に影響はありません。

Toolsetの日本語訳を無効化する手順は以下のとおりです。

  1. カスタムコードファイルを作成する

    Toolsetの設定画面を開き、プラグインの日本語訳を無効化するためのカスタムコードを保存するためのファイルを作成します。

    Run mode で「Run always」を選択し、Run contextで「WordPress管理」と「AJAXコール」にチェックを入れます

    カスタムコード機能の詳しい使い方はこちらの記事を参照してください。

  2. カスタムコードを入力

    コード入力欄に Toolsetの翻訳ファイルを解除するカスタムコードを入力して、コードファイルを起動します。ブラウザをリロードすると該当のプラグインが英語表示になります。

    add_action( 'wp_loaded', function () {
      unload_textdomain('wpcf');//Types
      unload_textdomain('toolset-blocks');//Blocks
      unload_textdomain('wpv-views');//Views
      unload_textdomain('wp-cred');//Forms
      unload_textdomain('wpcf-access');//Access
      unload_textdomain('ddl-layouts');//Layouts
      unload_textdomain('toolset-maps');//Maps
    } );

    日本語表示のまま使いたいものがある場合は、該当するプラグインの行を削除してください。

各プラグインの日本語翻訳ファイルの場所

コードスニペットを使いたくない場合は、プラグインの翻訳ファイルをFTPソフト等で直接削除またはリネームすることで同様の効果を得ることができます。ただし、この方法だとプラグインが更新されるたびに、削除またはリネームをおこなう必要があるのであまりお勧めはしません。

Toolset各プラグインの日本語翻訳ファイルの場所は以下のようになっています。

//Types関連//
plugins/types/vendor/otgs/installer/locale/installer-ja.mo
plugins/types/vendor/toolset/types/embedded/locale/types-ja.mo
plugins/types/vendor/toolset/toolset-common/languages/views-ja.mo

//Blocks関連//
plugins/toolset-blocks/vendor/toolset/toolset-common/languages/views-ja.mo

//Views関連//
plugins/wp-views/vendor/toolset/toolset-common/languages/views-ja.mo

//Layouts関連//
plugins/layouts/locale/layouts-ja.mo
plugins/layouts/vendor/toolset/toolset-common/languages/views-ja.mo

//Forms関連//
plugins/cred-frontend-editor/library/toolset/cred/embedded/locale/wp-cred-ja.mo
plugins/cred-frontend-editor/vendor/toolset/toolset-common/languages/views-ja.mo

//Access関連//
plugins/types-access/locale/access-ja.mo
plugins/types-access/vendor/toolset/toolset-common/languages/views-ja.mo