DuplicatorでWordPressを本番と開発環境間で相互に移行する方法

Duplicator は、 ローカルPCの開発環境で構築したサイトを本番環境(公開サーバー)に移行したり、反対に公開中のサイトをローカルPCや別サーバー、別ドメインに移行させたりする作業が簡単にできる WordPressのプラグイン です。

移行作業時に最大の障害になる内部リンクの書き換えも自動でやってくれ、無料版でも充分に実用的なので使い方を覚えておいて損はありません。

この記事では、WordPressサイトのバックアップをDuplicatorで作成する手順、公開サーバーでバックアップしたWordPressサイトをローカルPCの開発環境に復元する手順、ローカルPCの開発環境で構築したWordPressサイトを公開サーバーに移行させる手順をとおして、Duplicatorプラグインの使い方を解説していきます。

WordPressサイトのバックアップを作成する手順

移行元となるサイトでは、Duplicatorを使って サイトのバックアップファイルと移行先のサーバーで展開するためのインストール用のプログラムを作成します。

このバックアップファイルとインストール用プログラムのセットを Package(パッケージ)と呼びます。Duplicatorでは複数のパッケージを作成することができ、作成したパッケージはDuplicatorの操作画面で一覧表示されます。

ここでは、サーバーで稼働中のWordPressサイトをバックアップする場合を例に解説していますが、ローカルPCの開発環境にインストールしたWordPressサイトをバックアップする場合でも手順は同じです。文中で「サーバー」と表記している箇所を適宜「PC」と読み替えてください。

なお、ローカルPCでのバックアップファイル(.zip)の作成・解凍処理は、サーバーでの処理に比べて時間がかかります。文中の処理時間に関する表記はサーバーで処理した場合のものです。予めご了承ください。

Duplicatorを使ってWordPressサイトをバックアップする手順は以下のとおりです。

  1. Create Newボタンをクリック

    管理画面左側のメニューからDuplicatorの操作画面を開き、右上のCreate Newボタンをクリックします。

  2. バックアップパッケージの名前を入力

    バックアップパッケージの名前を入力し、必要に応じてバックアップから除外するフォルダやファイルを指定したら Next をクリックします。

    • バックアップパッケージの名前は、バックアップファイルの名前の一部としても使用されます。なお 無料版では保存先(Storage欄)が自サーバー内のフォルダに固定されています。
    • バックアップファイルから除外したいフォルダやファイルがある場合は、Archive(アーカイブ)セクションの Enable file filters にチェックを入れ、フォルダパス・拡張子・ファイルパスなどを指定できます。
    • キャッシュフォルダやその他のバックアッププラグインで作成されたフォルダなどを指定すると、Duplicatorで作成されるバックアップファイルの容量をある程度抑えることができます。よくわからなければ「ノーチェック&指定なし」でOKです。
    • フォルダパスの書き方がわからない場合は、入力補助用のボタンをクリックすると自身のサーバーに合わせてプリセットされたパスが自動入力されるので、 自動入力された内容を適宜書き換えると便利です。
    Archiveセクションには、上記の他に以下のオプションがありますが、とりあえずここでは使用しません。
    • Archive Only the Database
      WordPress本体やテーマ、プラグイン、画像などのアップロードファイルをバックアップせず、データベースのみバックアップします。これらデータベース以外のバックアップファイルを別途保存してある場合は、このオプションで生成されたバックアップパッケージと組み合わせてサイトを移行したり復元したりすることが可能です。主にバックアップパッケージの生成や展開時にサーバーのタイムアウトが発生する際の対処法としてTwo-Part-Installを実施する際に使います。

    • Database タブ
      Databaseタブに切り替えると、バックアップから除外するデータベース内のテーブルを指定することができます。セキュリティ系のプラグインのブロックログやリダイレクト系プラグインの転送ログなど、移行先で不要となるテーブルを除外指定するとバックアップファイルの容量を少なくすることができます。ただし上級者向けの機能なので初心者は触らない方が無難です。

    Installerセクションは有料版で利用できる機能で、無料版では利用できません。移行先でバックアップパッケージを展開する際に入力するサーバー情報をあらかじめ設定したり、バックアップパッケージにパスワードロックをかけたりすることができます。

  3. Webサイトのスキャン

    バックアップファイルを生成するためのスキャンが終わるのを待ちます。スキャンはサーバーのスペックやバックアップするサイトの容量にもよりますが、せいぜい1分もかからずに終了します。

  4. チェックボックスをONにしてBuildボタンをクリック

    スキャン結果画面が出たら、画面下のチェックボックスをONにして Build ボタンをクリックします。スキャン結果は 通常 Size Checks 欄の Notice 以外はすべて Good になります。警告が出る場合は 該当項目をクリックして展開し、指示に従って修正します。

    比較的発生しやすいのがName Checks 欄で、画像などのファイル名が日本語になっていたりすると警告がでます。なおプラグイン側の容量制限によるエラーは撤廃されているようです。

  5. バックアップパッケージの生成

    バックアップパッケージの生成(Build・ビルド)が終わるまで待ちます。ビルド処理はサーバーのスペックやバックアップするサイトの容量にもよりますが、500MB程度のサイトなら5分程度で終了します。

    59.7%あたりになると進捗状況のバーが進まなくなりますが処理は進んでいます。気長に待ちましょう。なお、サーバーのタイムアウトでエラーになる場合は、トラブルシューティングを参照してください。

  6. バックアップパッケージをダウンロード

    バックアップパッケージの生成が終わったら 画面中央の InstallerArchive と書かれたボタンをそれぞれクリックして合計2つのファイルをダウンロードします。ボタンの下にある One Click Download を押すと2つ同時にダウンロードすることもできます。

    画面右上の Packages ボタンをクリックすると、次の画像のように Duplicator プラグインの最初の画面(パッケージ一覧)に戻ります。

    パッケージ一覧画面では、作成済みのパッケージの再ダウンロードや削除などができます。

    無料版ではパッケージの保存先が自サーバー内のみなので、バックアップファイルでサーバー容量を圧迫しないためにも、ダウンロードが済んだパッケージは削除しておきましょう。また、無料版ではパッケージにパスワードがかけられないので、セキュリティの観点からも公開サーバー内に長期間パッケージを放置しておくことは避けた方が良いでしょう。